金利のまとめ

レディー

グレーゾーン金利に関してご説明したところで、ここで1点過払い金についての説明をまとめてみたいと思います。まず、原則として消費者金融側は、基本的には「利息制限法」で定められた20%までの金利でしか、金利を乗せることは出来ません。が、「賃金業規制法」といった法律があり、この中の条件を満たした消費者金融は、出資法の上限である29.2%まで金利を乗せることが出来ます。もちろん、賃金業規制法の条件を満たしていない消費者金融は、出資法の上限の金利を乗せることが出来ません。利息制限法以上の金利を乗せてしまうと、その時点で法律で罰せられてしまうのです。ですが、出資法の条件を満たしている場合は、29.2%までの利息なら、利息制限法の金利を超えているのに関わらず、金額にのせることが出来る・・・。消費者金融側はこれによって罰せられることもありません。といったことから、消費者金融側からすれば、出資法の条件を満たしていた場合、法律で罰せられないのだから29.2%の金利を乗せない理由が逆に「無い」ということです。バレたら後で返せばいいだけの話。バレなかったらそのままにしておけばいい・・・。といったことになりますからね。消費者金融側ももちろん商売業ですから、得れる利益はとことん得るといったスタンスで商売しているはず。これが、過払い金が発生してしまう仕組みとなっており、自分が過払い金を支払っているのに関わらず、気づかない人が多い・・・。といった理由なのです。